自分らしく未来を描く
Header
イキイキと今を生きる
Header

私の死生観

7月 23rd, 2013 | Posted by 管理人 in 死生観 - (0 Comments)

あなたは死について考えることはありますか?

人はいつか必ず人生に終わりがきます。どんな人でも100%、確実にいつかは死ぬわけです。
しかしながら、生きているうちに死について考えることはそれほど多くはないのではないでしょうか。

考えるどころか、死について触れること自体をむしろ避けてしまうこともあります。
それをタブーにしている風潮もあるかもしれません。
死を見て見ぬふりをして、自分とは無関係のように、他人事のようにどこかへ押し込めてしまう。
親戚や親しい仲の人の死を通して急に身近に感じ怖くなることもありますが、時間とともに再び無意識の奥へと閉じ込めてしまいます。

そうしていつの日か初めて病気や事故によって本当の自分の死と向き合う時が来るわけです。
初めて目前にせまった自分の死と向き合った時、自分はどう思うでしょうか。
やりたいこともまだまだたくさんある。大切な家族もいる。叶えたい夢だってある。
あまりの絶望に少なくとも今の私には耐えられる自信がありません。

しかしなんといっても人生の難しさは、その「いつの日か」はいつやってくるかが誰にもわからないということです。
1年後かもしれないし、半年後かもしれない。もしかしたら、明日かもしれない。いやいや、1時間後だって生きている保証なんてないわけです。

それでも未来に夢と希望と願いをもって人は生きていくわけです。

いつ死ぬか分からない。

だからこそ今のこの瞬間を精一杯生きたい。後悔したくない。

自分自身の今の気持ち、考えを尊重してあげたい。嘘をつきたくない。

今日出会う人の力に出来るかぎりなってあげたい。優しくしてあげたい。

明日を生きることができる人に何かを残してあげたい。

もちろん、そんなことをいつどんなときも考え続けることはできませんが、時々は思い出して今の自分と向き合いたいと思っています。
これは私が仕事や人間関係、人生においてよく考え、大事にしていることです。

そしてこういうことを考えると、私自身少しだけ日々の生活に勇気がわいてきます。
逃げそうな時に一歩踏み出す力が満ちてきます。
喧嘩した相手に自分からごめんと言える素直さが戻ってきます。
嫌になった相手のことを、相手の立場で想いやれる優しさがあふれてきます。

死と生は切っても切り離せないものです。死は確かに未知ですし私も怖いと感じますが、死を考えることで生が輝くのだなと感じます。

そんなことを考えつつまた今を生きている奇跡を大切に、今日をしっかり楽しみたいと思います。

ありがとうございます。

新卒採用において、内定者フォローというのは非常に重要な項目です。

中途採用と違い、いくら早くに内定を出したとしても入社の時期は決まっています。
もちろん、入社するまでは基本的には就職活動をすることができますので、内定を出した後も自社に引き留めるためのアプローチが必要になるわけです。

そこで、私もよく相談されるのが、効果的な内定者フォローの方法です。

どんなフォローをすれば他社に内定者をとられずにすむのか。辞退者数が減るのか。

方法はいろいろとありますが、私のオススメは個別面談とグループワークの研修です。
少々手間はかかりますが、基本的には個別面談をしながら数ヶ月に1回研修を行います。

これで個々のフォローもできますし、同期同士のつながりもできますし、スキルアップにもなります。

あとはタイミングも重要です。
お盆や年末年始といった、家族が集まるタイミングや10月の内定式の時期などは進路について家族と話したり、他社との重複内定にけりをつけたりするタイミングですので、どうしても辞退が増えます。

その時期に予め手を打ってフォローをすると防げる辞退もありますので、内定者フォロー計画を立てる場合は是非考慮して作戦を練ってください。

他にもフォローの仕方はいろいろとあります。
より有効なフォローの仕方や具体的な内容、タイミングなどもありますので、導入のご希望やご興味があるようでしたらまずはご相談ください。

◎採用についてのご相談、採用支援のご依頼などお気軽にお問い合わせください。
採用コンサルティング、採用代行、研修の「作野ライフデザインホームページ」 はこちらから

【面接官役とリクルーター役は同一人物でも可能か?】

新卒採用におけるリクルーターの有効性についていくつか記事を書きましたが、そうはいってもわざわざリクルーターとして採用のためだけに人を配置することはできない、という企業様も多いのではないかと思います。

そこでそれを解決する策として考えられるのが「面接官にリクルーターとしての動きもやってもらう」ということです。
1人2役やってもらえれば当然効率は良くなります。

しかし、リクルーターが学生寄りの立場であるのに対して、面接官は完全に企業側の人間。
学生の方などからしてみれば内定への道の行く手を阻む‘敵’とも言える存在かもしれません。

果たしてこれはうまくいくのか、ということですが、
結論からお伝えすると、うまくいきます。

但し、その分選考の内容やプロセスを少々工夫する必要があります。

細かく言うと長くなりますので要点だけお伝えすると

・リクルーター兼面接官の人は基本的には1次面接の担当とします
・1次面接ではとにかくコミュニケーションをとることに重点を置きます
・但し、1次面接で自社のターゲットになるかどうかの判断もします
・2次以降面接では、1次面接と明確に雰囲気や面接のレベルを上げます
・1次面接の面接官は1次面接後は完全にリクルーターとして対応します
 (2次面接以降の選考の前後に学生にフォローを入れます)
・2次面接官は面接官役のみに徹します

…といった点をおさえれば、これでリクルーター兼面接官の出来上がりです。

これは実際に私も導入し、実践してうまくいきました。

但しこれには、人選と役割分担、マネジメント力が鍵を握りますので注意が必要です。

取り入れてみようという方は気軽にご相談ください。

◎採用についてのご相談、採用支援のご依頼などお気軽にお問い合わせください。
採用コンサルティング、採用代行、研修の「作野ライフデザインホームページ」 はこちらから